本文へスキップします。

サイト内の現在地です。

  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 環境方針

ここから本文です。

環境方針

臼井国際産業株式会社は、「環境マネジメントシステム」の国際規格であるISO14001認証取得を進め、「企業の社会的責任の一環として、継続的に地球環境保全の維持、改善を図る企業」を目指していきます。

環境方針

基本方針

臼井国際産業株式会社は、自動車部品の設計、開発及び生産活動において、企業の社会的責任の一環として、地球環境保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、持続可能な社会の構築に向けて、企業活動のあらゆる面で「人の健康維持」と「地球環境保全」に努力を払い、また貢献することに努めます。

行動指針

企業活動より発生する環境への負荷を最小限にとどめるよう、社会的責任の一環として、自主改善活動に最大の努力を払う。

  1. 環境負荷低減・汚染予防
    1. 天然資源とエネルギーの使用量を削減するよう努める。
      (CO2の削減)
    2. 廃棄物の削減化・リサイクル化に努める。
    3. 使用している化学物質の削減に努める。
    4. 環境汚染の未然防止に努める。
  2. 目的・目標の設定、見直し及び継続的改善
    • この方針に基づき環境目的・目標を定め、見直しを行ない、環境マネジメントシステムを継続的に改善していく。
  3. 法規制の順守
    • 組織の環境側面に関係して適用可能な法的要求事項、及び組織が同意するその他の要求事項を順守する。

この方針は掲示及びその他の方法において、組織の為に働くすべての人に周知徹底する。
また、この方針は一般への公開を行います。

臼井国際産業株式会社
環境担当取締役  梅澤勝志

ISO14001認証取得状況

取得年 対象事業所
1998年 長沢西工場
2002年 本社、高圧管工場、協和工場、広島サテライト
2003年 伊豆長岡工場、岡崎サテライト、柿田工場、玉川工場、大仁工場、長沢工場
2004年 栃木サテライト
2006年 韮山工場
2009年 御殿場工場

ISO14001審査登録証

ISO14001審査登録証(1ページ目)
ISO14001審査登録証(2ページ目)

太陽光発電

臼井国際産業株式会社は、地球環境保全活動の一環として再生可能エネルギーである太陽光発電を導入しました。
静岡県伊豆の国市大仁グランド内の8,900㎡の敷地に、太陽光パネル2,120枚、システム容量507kwの太陽光発電施設を設置し、2013年4月より運転を開始しました。電力供給は標準家庭の約170世帯分に相当する年間約59万kWhで、219t分のCO2削減効果を見込んでいます。